運輸安全マネジメント

このエントリーをはてなブックマークに追加


平成28年度我が社の運輸安全マネジメントの取り組み


わが社の事故防止のための安全基本方針
「安全はわが社の根幹」安全はすべてに優先する。

社内への周知方法

「安全方針と安全目標」携帯カードを運転席へ掲示し全員が周知する。
運行指示書に記載と共に毎月の従業員研修で周知徹底させる。

安全方針に基づく目標<平成28年度>平成28年4月1日~平成29年3月31日迄
スローガン「コメンタリードライビングの実践」

数値目標・・・・・・人身事故=ゼロ件  物損事故(自損事故)=ゼロ件
投資目標・・・・・・社員教育費・安全機器類に84万円

目標達成の為の計画

1、ゴールド免許保持者増強を図る。(小さな違反も禁止する運動の実施)
2、運転適性診断や運転シュミレーション機器の活用を積極的に実施する。
3、点呼時にデジタル式運行記録計を基にした安全運転指導を図る。
4、研修会の充実で事故防止を図る。(ドラレコ活用・DVDの活用)
5、各種マニュアルに基づいた研修並びに非常時訓練の充実。
6、事故防止の為、安全対策機器の導入と健康診断を積極的に実施する。

わが社における安全に関する情報交換方法

1、点呼時の情報収集と毎月の教育研修で報・連・相の徹底
2、ヒヤリハット情報並びに国交省メールマガジン情報の周知
3、事故・災害等発生時の初動体制図(連絡網)と対応手順の確立

わが社の安全に関する反省事項

平成27年度の反省
1、安全確認の同乗指導が全乗務員実施ができなかった。
2、巡回や安全点検等ができていない。
3、車両の内輪差、外輪差とオーバーハング・死角の実地指導の実施ができなかった。

反省事項に対する改善方法

平成28年度の改善
1、安全教育が一方通告にならない工夫を行う(巡回・同乗・集合研修時等)
2、相対の指導(教育)を積極的に実施する。
3、ミーティング及び会議の充実を図り情報を共有する。

わが社の安全に関する目標達成状況<平成27年4/1~28年3/31迄>

車輌 営業車10台 自家用1台 計11台中
目標人身0件・物損(貰い事故含む)0件以下に対し、
事故発生件数 3件 (自損事故 3件 自動車修理代 合計49,550円)
社員教育費に336千円安全対策機器に703千円投資いたしました。目標に対して148.4%でした。

わが社の事故に関する情報<平成27年4/1~平成28年3/31>


重大事故(自動車事故報告規則第2条に規定する事故)発生件数 0件
人身事故発生件数 0件      物損事故発生件数 3件
内訳 なし           内訳 自損事故 3件、相手方損傷 3件ともに無し

(営業所名)本社営業所 平成28年5月1日
野田自動車運輸株式会社  代表取締役社長 山岡 幸栄